壬生町いきいきふれあい応援事業について

2019年3月25日

事業概要

事業の名称

 壬生町いきいきふれあい応援事業

 

事業の目的

住民が自主的に行う自治会活動の経費等を支援することにより、住民主体の魅力あふれる地域づくりを推進します。

 

事業の内容


1.自治会活動の経費等を支援するため、壬生町いきいきふれあい応援事業費補助金を交付します。
   (平成31(2019)年度より33(2021)年度まで、3年間実施します。)
 ・対象団体:自治会
 ・交付回数:1年に1回

2.補助金の額及び限度額
 補助金の額は、自治会の世帯数に応じ次の表に定める額となります。
 

 金額表.png

 

※【健康づくり事業】を実施する場合は、交付額から20,000円増額となります。20,000円全額を【健康づくり事業】に使用しなくても、他のいきいきふれあい応援事業該当事業と併せて精算できます。【健康づくり事業】対象事業は、次のとおりです。
○医師、看護師、保健師等による「健康講話」や「介護予防教室」

   (現金等による講師謝礼)
○歩け歩け大会、健康ウォーキング大会
   (参加者飲料代や昼食代、傷害保険料)
○ラジオ体操(年間計5回以上の継続実施が必要)
   (ただし、1回だけの開催は対象外(申請時に継続的実施する旨の計画書を提出))
○スポーツ・レクリエーション大会
○学校との連携による事業(運動会等)
   (極力、自治会発案の競技等を盛り込んでください。)

 

~対象として認められない事業及び、経費について~

 

【認められない事業】
〇自治会が関わっていない事業(育成会、老人会主催による事業)
〇バス使用による視察研修
〇自主防災組織補助金や、メルヘンフラワーロード事業補助金等の他の補助金との二重申請となるもの
〇補助金の全額を飲食代に使用する事業

 

【認められない経費】
〇交付決定日以前の支出(準備品、会議費等)については、対象として認められません。町からの交付決定日以前に支出した場合は、自治会会計で処理していただくことになりますので、ご注意ください。
〇アルコール飲料代
〇1人600円以上の昼食代
〇防災用の備蓄品(防災訓練を行う場合は認められます。)
〇該当事業で使用しない備品・消耗品
〇祝金の現金や商品券による支給

 

申請書類等

※申請書は、事業実施日の約1~2ヶ月前までにご提出ください。

 

~実施前1ヶ月~ 

1.申請時
補助金交付申請書、事業計画書、収支予算書、別紙明細書(購入予定品を暫定的に簡単に記載して作成してください【例:お茶代100円×120本=12,000円】)

 

~交付決定後、通知を郵送いたします~ 

2.振込請求時
振込請求書(口座番号をお書きください)
通帳の写し(口座番号が記載された、見開き1ページ)

 

~実施後1ヶ月~

3.実績報告時
補助金実績報告書、事業報告書、収支決算書、別紙明細書、領収書の写し(借用に対する御礼等、領収書が発行できない場合は、自治会長印が押印された、支払い証明書を作成してください)、事業内容がわかる写真(1事業につき3~4枚)

 

提出先

民生部 生活環境課 まちづくり推進係

 

事業実施例

事業実施例としては、夏祭り、運動会、ラジオ体操、敬老の集い、地区内清掃活動、交通安全教室、どんど焼き、各種交流会等がございます。
なお、平成30(2018)年度は、町内全81自治会中、63自治会の実施がありました。(利用率約78%)

 
ご不明な点等ございましたら、下記までご連絡ください。

 

 

H31補助金等交付申請書.doc(35KB)H31補助金等交付申請書【記入例】.doc(41KB)H31補助金計画書・予算書様式.doc(57KB)H31補助金計画書・予算書様式【記入例】.doc(62KB)H31補助金等実績報告書.doc(34KB)H31補助金等実績報告書【記入例】.doc(41KB)H31支出明細書【記入例】.xlsx(13KB)

お問い合わせ

生活環境課
まちづくり推進係
電話:0282-81-1888
ファクシミリ:0282-28-6780