労働保険適用促進強化期間 11/1~11/30 『労働保険は働く皆さんを守ります。』

2019年11月1日

 「労働保険」とは、労災保険と雇用保険とを総称したもので保険給付はそれぞれ別個に行われます。

 

1 労災保険給付に要した費用の一部を徴収することもあります

 労災保険は、労働者が業務上又は通勤途上で負傷したり、あるいは不幸にも死亡された場合に労災保険法の規定により、負傷した労働者又は遺族に対し補償を行うもので、保険給付は労働基準監督署で行っております。

 なお、事業主が故意または重大な過失により労災保険の保険関係成立届を提出していない期間中に労働災害が生じ、労災保険給付を行った場合、遡及して労働保険料を徴収するほか労災保険給付に要した費用の一部を徴収することとなっています。

 

2 失業した労働者の生活の安定と再就職を促進

 雇用保険は、労働者が失業した場合に失業給付金の支給を行い、失業した労働者の生活と再就職を促進し、併せて労働者の福祉の増進を図るための事業を行う制度で、保険給付は公共職業安定所で行っています。

 

3 労働者を使用する事業主は加入することが義務づけられています

 「労働保険」は、労災保険法と雇用保険法の規程により、労働者を使用する事業主は、加入することが義務づけられていますので、まだ加入手続をされていない事業主は最寄りの労働基準監督署又は公共職業安定所で加入手続をしてください。

 詳しくは、最寄りの労働基準監督署又は公共職業安定所にお尋ねください。

 

問合せ先

栃木労働局総務部労働保険徴収室

☎028-634-9113

お問い合わせ

商工観光課
商工振興係
電話:81-1845