新型コロナウイルス感染症の影響により収入が減少したことによる後期高齢者医療保険料の減免について

2020年7月1日

新型コロナウイルス感染症の影響を受け、後期高齢者医療保険料の減免を実施します

新型コロナウイルス感染症の影響により、次の要件を満たす方は、保険料が減免となります。

 

保険料の減免の対象となる方

 1.新型コロナウイルス感染症により、主たる生計維持者(世帯主)が死亡し、または重篤な傷病を負った世帯の方

 

 

 2.新型コロナウイルス感染症の影響により、主たる生計維持者(世帯主)の収入減少(※)が見込まれる世帯の方

 

 

 (※)収入減少により保険料が一部減免される具体的な要件

  主たる生計維持者について、下記のアからウまでのすべてに該当する世帯

 ア  事業収入や給与収入など、収入の種類ごとに見た収入のいずれかが、前年に比べて10分の3以上減少する見込みであること
 イ  前年の所得の合計額が1,000万円以下であること
 ウ  収入減少が見込まれる種類の所得以外の前年の所得の合計額が400万円以下であること

 

  ※世帯の主たる生計維持者の事業等の廃止や失業の場合も対象となります。

 

 

減免の対象となる保険料

 令和元年度及び令和2年度の保険料において、納期限が令和2年2月1日以降に設定されているもの。

 

 

申請方法

申請書をページ下部より印刷し必要事項を記入して、添付書類と一緒に壬生町役場 税務課 諸税係まで郵送してください(印刷環境がない方は、申請書を郵送いたしますのでお電話かメールにてご連絡ください)。

新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、窓口でのご申請は極力お控えください。

(注) 本減免の申請は、対象保険料の納入通知書がお手元に届いてからご申請ください。また、ご自身が減免に該当するか不明な場合は、事前にお問い合わせください。

 

 

申請に必要な書類

主たる生計維持者が死亡または重篤な傷病を負っている場合

・減免申請書

・申請者の本人確認書類、印鑑

・医師の診断書

主たる生計維持者が廃業または失業した場合

・減免申請書

・収支見込額申告書

・申請者の本人確認書類、印鑑

・主たる生計維持者(世帯主)の廃業届など状況のわかるもの

主たる生計維持者の収入が減少した場合

・減免申請書

・収支見込額申告書

・申請者の本人確認書類、印鑑

・主たる生計維持者(世帯主)の事業帳簿や給与明細等の収入の減少が確認できる書類

 

 

 

 

申請書類ダウンロード

 減免申請書.pdf(122KB)

 

 減免申請書 記入例.pdf(135KB)

 

 収入見込額申告書.pdf(170KB)

 

 収入見込額申告書 記入例.pdf(171KB)

 

 

 

お問い合わせ

壬生町役場 総務部 税務課 諸税係

電話:0282-81-1819,1879

 

栃木県後期高齢者医療広域連合

電話:028-627-6805